わからない箇所をなくしていく|家庭教師による学習で成績アップ

メンズ

平均的な相場で比較する

男の人

塾と家庭教師の平均的な価格

受験生のこどもを持つ保護者は、自分のこどもを志望している中学や高校、大学へ合格させるために、塾や家庭教師を始めることを検討している方が多くいます。学校の授業では、1クラス40名程が集められ、様々な行事がある中で、全員が同じ指導カリキュラムに沿って学ぶのが一般的です。学校は集団行動の中で、協調性を身につけることができますが、生徒の習熟度別に指導カリキュラムが組まれていないため、個々の習熟度別に対応した受験対策ができません。塾は習熟度別にクラス分けが行なわれるため、生徒の習熟度に応じた受験対策をすることができます。また、家庭教師とは違い、料金もリーズナブルです。さらに、学校のクラスよりも少人数で授業を受けることができるため、質問しやすい環境です。

金額や価格の傾向について

大手塾や大手予備校では、過去に数多く輩出した卒業生の進学実績をもとに膨大なデータが蓄積されております。また、受験生が多く集まることから、志望校別の模擬試験などを独自に実施しております。模擬試験も受験人数が多いため、受験料も安く、ほとんどの受験生が受けるため、志望校に対する判定も極めて正確なものになっております。また、入塾する際に模擬試験の判定や偏差値が高ければ、特待生として授業料が無料になったり、割引になる場合もあります。それに対して、家庭教師は、講師が生徒の自宅まで指導しに来てくれる一方で、同じ受験生であるライバルの顔が見えない中で、勉強するため、独自に模擬試験を受けて、自分の習熟度を随時確認する必要があります。塾に通うと模擬試験代も含まれている場合が多いため、余計な費用がかかりません。